癒しスポット:マウナケア/ハワイリゾートスパ

TOP > ハワイの楽しみ方 > ハワイリラクゼーションスポット  癒しスポット紹介 マウナケア

癒しスポット紹介 マウナケアSpot

癒しスポット紹介 マウナケア

マウナケアの癒しスポット!

世界三大パワースポットのひとつであり、火山の島として知られるハワイ島。島の真下はホットスポットなので、地球のエネルギーをより強く感じることができます。マウナケアは、そんなハワイ島を形成する5つの火山の中で最も高い、標高4,205mの火山です。海洋底から測れば、なんとエベレストより高い10,203m。世界一高い山と言えます。
冬は山頂が白い雪で覆われることから、ハワイ語で「白い山」を意味する「マウナケア」と名付けられたのだとか。今回は、そんなマウナケアのおすすめ癒しスポットをご紹介します。

※この情報は変更することがありますのでご注意ください。

マウナケアの癒しスポット!

マウナケアの癒しスポット! 太平洋のど真ん中、最高峰のマウナケア山頂は自然の神秘的なパワーを感じられるスポット。スパやロミロミとは違った自然の癒しを体験できます。
心癒される満天の星空
ハワイで最も標高の高いマウナケア山頂は、世界でも指折りの天体観測地。
天候が安定し大気が澄んでおり、さらにハワイは赤道付近という場所ゆえ、北半球と南半球のほとんどの天体を観測できるので天文台の本拠地にふさわしい場所なのです。
マウナケア山頂には世界11か国の研究機関による13基の天文台が集結しています。ちなみにマウナケアの天文台群には、日本の国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡があります。
周囲に明かりがなく、真っ暗な夜空をキャンパスにきらめく満天の星空は、えもいわれぬ景色。運がよければ、流れ星も見られますよ。
マウナケアでの星空観賞は、疲れた心身を癒し、忘れられない素敵な思い出になるでしょう。
幻想的な癒しのサンセット&サンライズ
マウナケア山頂で楽しめる景色は星空だけではありません。星空とあわせて拝みたいのが、サンセットとサンライズです。
まるで雲の上の世界にいるような、幾重にも重なった雲に包まれたマウナケア山頂から望む夕日や朝日は格別です。青空と白い雲のコントラストが美しい日中の景色とは違った表情を見せてくれます。赤やオレンジのグラデーションに染まった景色は目を見張るほどの美しさ。ハワイで屈指の神聖な場所で、心が浄化されるような最高の癒しと感動の体験をしてみてはいかがですか。
すばる望遠鏡ドーム内見学
癒し体験からは離れますが、マウナケア山頂へ足を運ぶなら、すばる望遠鏡ドーム内見学もおすすめです。
すばる望遠鏡ドーム内は、事前予約にて一般の方々の見学を受け付けています。すばる望遠鏡は肉眼でのぞける望遠鏡ではないので、すばる望遠鏡で天体を眺めることはできませんが、ドーム内からすばる望遠鏡を見ることができます。マウナケア山頂で、非日常体験が味わえますよ。

オニヅカ・ビジター・センター

オニヅカ・ビジター・センター マウナケアのちょうど中腹にある施設。オニヅカ・ビジター・センターは、ハワイ出身の日系人で初めて宇宙飛行士になったエリソン・ショージ・オニヅカさんの名前にちなんでつけられたのだとか。別名、マウナケア・ビジター・インフォメーション・ステーションとも呼ばれています。
このビジターセンターは、日本一の山である富士山(3,776m)よりも標高が高いマウナケアの頂上を目指す方に最適な休憩ポイントです。ツアーによっては、高山病予防のために、ここで30分以上休憩する決まりになっています。
ところで、このビジターセンターは休憩施設だけでなく教育施設の役割も担っており、マウナケアや天体に関するビデオが流れていたり、高山病に関する注意事項などを確認できたりします。また、売店があるので軽食や温かい飲み物、オリジナルグッズなどのお土産も手に入ります。嬉しいことにお湯は無料で利用できるので、インスタント味噌汁やコーヒー、カップを持参すると良いでしょう。
オニヅカ・ビジター・センターは標高2,800mに位置するので、世界でも珍しい銀剣草(シルバーソード)と呼ばれる高山植物や幻想的な雲海の景色が楽しめます。また、スタッフが英語で星空を説明してくれる星空観測サービスもあり、天体望遠鏡で木星などを見せてもらえます。マウナケアの山頂まで行くのは難しい方も、雲海に沈む夕日やハワイの星空を十分堪能できることでしょう。足を運んでみる価値ありのマウナケアでおすすめスポットです。
住所 Mauna Kea Access Rd., Hilo, Hawaii
営業 9:00~22:00(ショップ/9:00~21:30)
電話 (808)9612180
PAGE TOP